確実に治すこと|うつは治療で緩和することが出来る【うつ病の治療は信頼関係が重要】

確実に治すこと

医者と看護師

サポートの重要性

うつ病を発症すると、憂鬱な気分が数日間続くなどの症状が出ます。周囲の目を気にして心療内科を受診せずにそのままにするケースがありますが、早期に回復するならば、病院を受診することが大事なことです。憂鬱な気持ちになる、仕事に行く気がしないといった症状なので病院に行っても改善しないと考える人がいますが、決してそんなことはありません。病院における治療では本人のメンタルに関する診察も行われますが、それだけではありません。実はうつ病になると脳内の神経伝達物質の分泌量に異常が発生します。そして病院においては異常が発生している脳内の神経伝達物質の分泌を正常な状態に戻すための治療も行います。それは面談などではなく、抗うつ剤と呼ばれる薬剤を使用した方法です。どういったことが原因で発症したかを知るために、そのときの環境や人間関係、また本人の性格などから使用する薬を選択します。そのため、確実な効果を期待することができます。また、病院に通うことで医師とコミュニケーションを取ることができます。それにより、患者自身が自分のことを考え出して、発症した原因などを冷静に考えることができるようになることもあります。そのような考え方になると回復も早くなります。うつ病を発症すると最もつらい気持ちになるのは患者本人ですが、患者の家族もつらい気持ちになります。それはこれまで一緒に楽しく過ごしていた家族の一員が別人のように変わってしまうこともあるからです。しかしながら、そのつらい気持ちを患者本人の前で出さないようにすることが大事です。患者によっては家族がつらい気持ちになっていることを知ると、自分のせいであると考え込んでしまい、ますます症状を悪化させる可能性があるからです。普段通りを意識して接することがポイントです。また、本人が苦しんでいるからといって励ましの言葉を掛けないことも大事です。患者にとっては十分頑張ってきたのかもしれないので、家族からさらに励ましを受けることが症状の悪化につながることがあります。家族の方が気を遣ってしまいそうですが、うつ病という病気を家族も理解することが大事です。そのためには患者に病院に行くようにアドバイスをして、家族も一緒に付き添いとして同伴して医師の話を聞くことが大事です。その際に患者本人が話すことがつらそうであれば、代わりに医師に伝える必要があります。つまり、治療において家族のサポートは必要不可欠なものとなります。そのため、治療開始後も患者の様子を記録しておき、医師に伝えることが大事です。

Copyright© 2018 うつは治療で緩和することが出来る【うつ病の治療は信頼関係が重要】 All Rights Reserved.