うつは治療で緩和することが出来る【うつ病の治療は信頼関係が重要】
男性

高確率で治る

うつ病には従来型と新型と呼ばれるものがあり、発症のきっかけは同じでもその反応は実に対照的です。そのため、治療では的確なアプローチが必要です。また、治療は回復後も継続するため、その分の費用まで見越して計画を立てることも必要になります。

詳しく見る

医療

どんな医療機関に

精神科での治療というのはハードルが高く、うつの自覚がない人も多いですから、どこに行ったらいいのかわからにという人も多くいます。そのときには、かかりつけ医に相談するのが適切ですが、いない場合には保健所や保健センターで相談に乗ってもらえます。

詳しく見る

医者

誰でもなり得る

うつ病はすでに自分の意志や感情をコントロールできない状態になっています。的確なアドバイスや治療を受けるためにも、自分自身の情報の要点をまとめたり、希望する治療法を行っている医療機関かどうかを調べて受診したりすることが大事です。

詳しく見る

医者と看護師

確実に治すこと

うつ病の治療は医療機関に通って行うことが大事なことです。原因を正しく知ることができ、正しい治療を受けることができます。家族のサポートも重要で、家庭内において普段通り接することや、医療機関で医師に患者の様子を伝える必要があります。

詳しく見る

医師と同等の立場で

男性

カウンセリングの質と効果

うつ病の治療においては薬物治療が中心ですが、ほとんどの精神科医は精神療法的アプローチを同時に実践しています。ただし、精神療法が十分に治療としての役割を果たすのは、軽症あるいは中度のうつ病になります。重症の場合はあくまでも薬物治療からのアプローチになることがほとんどです。その上で、精神療法の中でもカウンセリングはよく知られている方法の一つです。悩みを持っている人は、傾聴している人に心を打ち明け、悩みを話し、苦痛を和らげるアドバイスを受けます。このように人と話し合うことこそ、カウンセリングまたは、心理・精神療法です。欧米ではトークセラピーなどともいわれています。当人は話し合いの中で悩みに関する解決情報をいかに受け入れ、どう考えて対応していくのかを知ることになります。カウンセリングとは人間としての常識や一般的なアドバイスであり、心理・精神療法とは個々人の問題に関して何が大切であり、どうすればいいのかという悩みを解決するプロセスを示すことを指しています。特に高齢者のうつ病の場合には、カウンセリングが薬物療法と同等の効果があるケースも多いという研究報告もあるほどです。そして、実際には特定の精神療法だけをおこなうことは少なく、いくつかの技法を用いることがほとんどになります。治療の過程でうつ病の症状の影響と重なり、医師と本人の間に誤解が生じることもあります。治療のベースは静養と薬物療法ですが、そこに精神療法が加わります。精神療法の基本となるのは病状のチェックと服薬、日常生活上のアドバイスなどが中心で、必ずしも長時間のカウンセリングがおこなわれるとは限らないと理解しておくことが大事です。もちろん、うつ病の症状によっては、いろいろな説明に長い時間がかかることもあります。精神療法というのは、時間で評価するのではなく、自分にとって有益な治療であったかなど、質で評価することが重要です。また、医師や病院は自らが選ぶ権利を持っていますので、失礼な物言いをしたり、年下だからといって、一方的に威張った態度を取ったりする医師やスタッフがいるのはもってのほかです。治療はあくまでも契約だということを念頭においておくと安心できます。しかしながら、お金を払えばなんでも要求に応えてくれるという考えも間違いです。たいていの医師は不快感を覚えても、相手のペースにはならないように処理してくれますが、あくまでも対等な関係でいることが大切になります。特にうつ病の治療は信頼関係が重要なので互いに最低限の礼儀が必要だということを認識しておくことが大事です。

Copyright© 2018 うつは治療で緩和することが出来る【うつ病の治療は信頼関係が重要】 All Rights Reserved.